もぉ何も言うな
俺の胸においで
寂しい思いさせたから
謝らなくちゃな

季節は秋へと足音で運ぶ
愛の意味なんて餓鬼の俺にはな

分からないが今君が好き
言葉じゃ無くて形じゃ無くて
凍えそうな夜ここへ来いここへおいで君が好き


答え探しより
今を信じたい
理由はいらない
君がここにいる

二人寄り沿って
星を眺めてた
重なる指先
夜に溶けてゆく

あーいつの日もそぉどんな時も
君が居る君が溢れてる
凍えそうな夜ここへ来いここへおいで君が好き

もぉ何も言うな
俺の胸においで