オレンジ

止まる事なく時は流れる
信号が変わってまた走り出す
悲しい時を幾つ数えた
嬉しい時をいくつ覚えてる

火の消えた煙草、もぅ一度火をつけるよ

生きてゆく意味とか失いそうなこの街で
悲しいくらいきれいなオレンジに心奪われた


貨物列車が前を横切る
何処へゆくのとひとりぼっち
真実はほら遠回りで
まがい物ばかり近回りか

泣いて逃げるのも違うね
留まるのも違う進まなきゃ


生きてゆく意味とか失いそうなこの街で
悲しいくらいきれいなオレンジに心奪われた
心を奪われた